気になる電子ピアノの性能!昔よりも性能は高いってホント?

公開日:2022/08/15  最終更新日:2022/09/02

気になる電子ピアノの性能!

電子ピアノと聞いて、昔のイメージが先行し倦厭されている方はいませんか?近年販売されている電子ピアノは、昔に比べ遥かに性能が上がっています。また、手頃な価格設定ゆえに初心者にも人気があり、高い注目を集めているのです。アコースティックピアノに劣らない電子ピアノの魅力、そして性能の高さについて詳しくご紹介します。

今の電子ピアノは性能が高い?

電子ピアノの登場は約30年前、つい最近ということもあって、アコースティックピアノに比べ音色や表現が劣る、電子機器ゆえに耐久性にも問題がある、という昔ながらのイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。

しかし、年々進化を遂げる電子ピアノの性能の高さ・扱いやすさは、目を見張るものがあります。昔と比べて、電子ピアノの性能がどれほど進化したのか、高い性能とはどういったものなのかを紹介します。

アコースティックピアノと電子ピアノの違い

まずは、アコースティックピアノと電子ピアノの違いを簡単に説明します。一見すると分かりにくいですが、アコースティックピアノと電子ピアノでは構造が異なり、ピアノとひとくくりに呼ぶには、大きな違いがあります。

アコースティックピアノは、鍵盤を押す強さや足元のペダルを踏むことによって、音の大きさや響きを微調整します。楽器そのものから音が鳴るため、定期的な調律・整備が必要になるため、調律師によるメンテナンスが欠かせません。

一方電子ピアノは、内蔵されたピアノ音源が反応することで音が鳴ります。内臓音源の種類が豊富で、実際にアコースティックピアノから録音したものもあります。

音質が悪いと倦厭する人もいましたが、近年の電子ピアノは、よりクリアでリアルな音が鳴るようになりました。というのも初代の電子ピアノの同時発音数は16音でしたが、現在では少なくとも64音

4倍以上の音を同時処理できるので、より質の高い表現が期待できるようになりました。同時発音数は価格とともに増えるので、高価な電子ピアノでは、最大256音同時発音できるモデルもあります。メーカーごとに聴き比べれば、納得の一台が見つかるでしょう。

その際に忘れてはいけないのが、鍵盤のタッチ感や重さの確認です。アコースティックピアノの鍵盤に近づけるため、重みのあるタッチ感を売りにしている電子ピアノもあります。

電子ピアノ取り扱い店では、触れることや演奏することができるので、実際に足を運んで確認することをおすすめします。

金額相場

初心者におすすめなのは、5万円〜6万円の比較的低価格な電子ピアノです。種類が多くてどういった電子ピアノを買えばいいのか分からない、初心者なので、扱いやすい電子ピアノを探している、といったまずは手軽にピアノを楽しみたい人におすすめです。

利便性を重視するのであれば、机に置ける卓上タイプを選ぶことで、場所を選ばず演奏することができます。折り畳み式の卓上電子ピアノもあるので、自宅だけでなく外出先に持ち運ぶこともできます。

大手メーカーにこだわらないのであれば、2〜3万円ほどでヘッドフォンをはじめとした付属品が付いた状態で電子ピアノが購入可能です。

電子ピアノでできること

これほどまでに進化していたとは、電子ピアノの性能の高さに驚かされますね。性能の高さが分かったところで、具体的にどのように性能が搭載されているのか詳しく説明していきます。

主な性能

モデルにもよりますが、音色調整・サウンド演奏・録音再生・Bluetooth・伴奏・鍵盤ガイドなどが搭載されています。

このような性能を使うと内蔵音源を選んで好みの音色で演奏したり、演奏練習を録音して再生したり、サウンド伴奏に合わせて鍵盤が光り演奏をアシストすることができるようになります。

またBluetooth接続機能のある電子ピアノであれば、携帯と繋ぐことでさらに便利な活用ができます。

市販の無料アプリと電子ピアノを連動させれば、実施時間・譜面・練習のサポートも可能です。アコースティックピアノにはない豊富な性能も電子ピアノの魅力です。

電子ピアノの楽しみ方を知るともっと暮らしが豊かに!

住環境や演奏環境、予算によって購入タイプを選ぶことで、暮らしが豊かになります。卓上タイプは、気軽に持ち運びができるので、移動の多い人や使用場所に制限がある人に向いています

夜間の演奏が多い人は、電子ピアノにヘッドフォンをつけて練習をすれば、時間帯を気にせず一日使用できます。

ヘッドフォンは別途購入でも構いませんが、付属品が充実しているモデルもあるので、すぐに演奏をはじめたい人は、セット販売されている電子ピアノを選ぶのをおすすめします。

時代に合わせてライフスタイルが変わる現代、各々の暮らしに合わせた選択ができるのが、電子ピアノの強みです。

現代の電子ピアノは可能性が無限大

電子ピアノが発売されて約30年。アコースティックピアノに比べると歴史が短いこともあり、販売当時のイメージが定着していますが、電子ピアノの性能は年々向上しています。

今後も時代に合わせた性能が、搭載されていくことは間違いありません。電子機器なので、家電と同じく、生涯同じものを使用することは難しいですが、ピアノを手軽にはじめるには、電子ピアノが適しているでしょう。

まとめ

いかがでしたか。電子ピアノには、さまざまな性能が搭載されていることが分かりましたね。アコースティックピアノに比べると電子ピアノは金額もリーズナブルなものが多く、初心者でも性能を選びながら購入を検討できます。

日々のメンテナンスも少ないので、購入にハードルを感じている人は、電子ピアノを試してみることをおすすめします。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

電子ピアノは、どのような時間でも気にせず演奏を練習できるピアノです。アコースティックピアノとは構造が違うため、人によって向き不向きがあります。さまざまなメーカーが電子ピアノを販売しており、種
続きを読む
XE20SP(コルグ)(株式会社コルグ) 住所:東京都稲城市矢野口4015-2 TEL:0570-666-569 日本を代表する電子楽器メーカーKORG。さまざまな製品を送り出している同社の
続きを読む
YDP-145(ヤマハ)(ヤマハ株式会社) 住所:静岡県浜松市中区中沢町10番1号 TEL:053-460-1111 ヤマハから発売されているARIUSは本物のピアノに近いタッチを表現し、本
続きを読む