CA401(カワイ)の口コミや評判

公開日:2024/02/08   最終更新日:2024/03/21

河合楽器製作所の画像

会社名 株式会社河合楽器製作所
住所 〒430-8665 静岡県浜松市中央区寺島町200番地
電話番号 053-457-1213

自宅でも、グランドピアノのようなタッチで練習したいと思いませんか?自宅でもアコースティックピアノで練習できればいいですが、防音設備を整えられない、スペースが確保できないなどの理由から、電子ピアノで練習するケースも少なくありません。

しかし、アコースティックピアノと一般の電子ピアノでは、タッチがまったく異なる場合もあるため、連打やトリルなどの練習はとくにうまくできません。

電子ピアノでも本物に近い感覚で練習したいと思うなら、カワイのCA401がおすすめです。CA401はグランドピアノと同じ構造の電子ピアノで、木製鍵盤を使用しています。また、音色にもこだわっており、自宅での練習に便利な機能も備わっています。

そこで今回は、カワイの電子ピアノCAシリーズ、CA401を紹介します。ピアノ初心者から弾き心地や音色にこだわりたい経験者まで満足できる、カワイのこだわりが詰まっています。

CA 401の基本情報

ピアノの特徴:すべて木材鍵盤を使用し、グランドピアノのような弾き心地。SK-EXの音色を搭載。
その他の機能:Bluetooth®︎機能、Bluetooth®︎MIDI、チューニングなど
仕様:88鍵/シーソー式木製鍵盤グランド・フィール・スタンダード・アクション 音色数 19音色 ペダル ダンパー(ハーフペダル対応)ソステヌート ソフト
本体サイズ(H×W×D) mm:915mmx1,360mmx490mm
重量:58.0kg
問い合わせ:問い合わせフォーム
会社情報:株式会社河合楽器製作所/静岡県浜松市中央区寺島町200番地

2021年に楽器店大賞を受賞したCA49の後継モデル

CA401は、2021年楽器店大賞を受賞したCA49の後継モデルです。楽器店大賞とは、全国の楽器店員が選ぶ、今年おすすめする楽器を決める賞です。

CA401は、上質なタッチ・サウンド・使いやすさを備えたCA49のよさを引き継いでおり、ピアノに始めて触れる子どもから上級レベルの大人まで満足できるモデルです。

CA401は、CA4つのモデルの中で最もお求めになりやすい価格であることからも、人気があります。カラーはホワイトメープル・ライトオーク・ローズウッドの3色展開です。ピアノらしいデザインでありながらも、コンパクトで置き場所を選びません。

グランドピアノの弾き心地を再現

CA401は電子ピアノを世に送り出した1985年当初より、グランドピアノと同様の素材と構造にこだわった、カワイの技術が詰まった電子ピアノです。

白鍵黒鍵すべてに木材鍵盤を採用

カワイの電子ピアノにはCNシリーズとCAシリーズがあります。2つのシリーズには鍵盤の素材に違いがあり、CNがアクリル樹脂なのに対して、CAは木材です。CA401はグランドピアノと同じく、白鍵黒鍵すべてに木材鍵盤を採用しています。

いくつもの層に木材を積み重ねるカワイ独自の加工技術により、反りやねじれの少ない鍵盤に仕上がっています。また、アクション部分は耐久性の高い特殊樹脂ハンバーブッシュになっており、指に吸い付くようなすっきりとした弾き心地が魅力です。

また、CA401の鍵盤本数は、アコースティックピアノと同じ88本です。自宅でも近い感覚で練習できます。

グランド・フィール・スタンダード・アクション

CA401はグランドピアノと同じ構造を取り入れた、シーソー式木製鍵盤です。鍵盤を押すと、テコの原理で鍵盤がハンマーを押し上げます。これがシーソー構造です。

一般の電子ピアノはコンパクトさを優先させるため、シーソー構造になっていません。しかし、カワイは独自の木製鍵盤を採用し、グランドピアノと同じシーソー構造で、コンパクトな電子ピアノを実現しました。

このシーソー構造によって、早い連打やトリル、レガートなども、グランドピアノと近い感覚で弾けます。

音へのこだわり

CA401は電子ピアノとは思えない、複雑で芯のある音と、音の幅広さが魅力です。CA401の音色の特徴を紹介します。

SK-EXの音色を搭載

CA401にはショパン国際ピアノコンクールで上位入賞者が使用した、最高峰のフルコンサートピアノSK-EXの音色が収録されています。繊細かつ柔らかいピアニシモから壮大に響き渡るフォルテシモまで、忠実に再現されているところが魅力です。

この最高峰の音色は、CA401に搭載されているクラス最高の4スピーカー・システムにより再現されています。臨場感のある音色を楽しめます。

ピアノ専用性能ヘッドホンSH-3B

CA401に付属されているヘッドホンSH-3Bは、電子ピアノ専用に開発された、高品質のヘッドホンです。SH-3Bはセミオープンタイプ(半密閉型)となっています。

ヘッドホンは音漏れを防ぐために密閉型を選ぶ方も多いですが、密閉型は長時間練習すると疲れやすくなります。そのため、長時間のピアノ練習にはセミオープンタイプがおすすめです。

また、音の広がりはバランスのとれたノーマル、左右へ広がるワイド、グランドピアノの響きを意識したフォワードの3つから選べます。

なお、付属の電源アダプタはノイズが少なくきれいな音源を抽出できる、高品質タイプです。

チューニングできる

アコースティックピアノの調整は素人ではできず、プロの調律師が行います。しかし、CA401ではアプリ上での調整が可能です。それぞれの項目をバーの移動のみで操作し、簡単に好みの音色に調整できます。

レッスンに便利な機能

CA401にはレッスンに便利な機能が豊富です。シンプルな操作ボタンや多数内蔵されているレッスン曲など、ひとりでの練習をサポートしてくれます。どの機能も簡単に操作できるため、小さな子どもでも使いこなせます。

1.5インチ有機ELディスプレイとシンプルな操作ボタン

一目で確認しやすい、有機ELディスプレイを搭載しています。操作ボタンはアイコン表示のため、小さな子どもでも理解しやすくなっています。ディスプレイとボタンともに、弾きながらでも確認しやすい仕様です。

また、CA401はワイヤレスでも操作できます。スマートフォンやタブレットと接続できるBluetooth®︎MIDIを搭載しており、電子ピアノ本体はコントロールアプリ「PianoRemote」で操作可能です。

「PianoRemote」では、

・音色の選択
・演奏の録音
・メトロノーム
・収録曲の再生

などの機能が利用できます。操作方法はとても簡単なため、誰でも使いこなせるアプリです。

レッスン曲を200曲内蔵

CA401には練習曲としてよく使われる、バイエル・ブルグミュラー・ツェルニーや、ショパンワルツ集などを200曲内蔵されています。右手・左手パートをそれぞれ個別にも再生できるため、片手練習のサポートが可能です。

また、苦手なパート部分のみを繰り返したり、テンポを落として再生できたりするなど、さまざまな使い方ができます。

そのほかの機能

紹介した機能以外にも、小さな子どもが楽しめる機能が備わっています。

コンサートマジック
指1本で内蔵された対応曲を演奏できる機能
鍵盤でテンポを刻むだけで上手に演奏している気分を味わえる
対応曲はアニメ・クラシック・クリスマスなど50曲

連弾モード
2台のピアノで連弾しているように弾ける機能
88本の鍵盤を左右2つに分け、ペダルも左側の演奏者が使えるようにソフトペダルをダンバーペダルとして使用できるようになる

まずは問い合わせしてみよう

本物に近いタッチと音色が味わえる、置き場所を選ばない電子ピアノを探しているなら、CA401がおすすめです。グランドピアノの弾き心地を再現した88本の木製鍵盤、フルコンサートピアノSK-EXのピアノ音、グランドピアノと同じ鍵盤数で、同じペダル位置なのにコンパクトなど、高度なスペックが詰まっています。

CA401は電子ピアノならではの便利な機能が豊富です。好みの音色を作れるチューナー、練習をサポートできる200曲の内蔵曲、ワイヤレスで操作できるアプリ「PianoRemote」との連携機能などがあります。

そのほかにも、子どもが楽しめるコンサートマジックや連弾モード、集中して練習できる電子ピアノ専用ヘッドホンなど、より楽しく快適に演奏できるよう工夫されています。

これほどまで構造や機能にこだわっているのに、場所を選ばないコンパクトさとコスパの良さで、木製鍵盤CAシリーズの中でも人気です。カワイの店舗では、展示品も用意しています。CA401を試してみたい方は、ホームページで展示店舗を確認しましょう。

CA401は初心者から上級者の大人まで、幅広い方が満足できる電子ピアノです。家族みんなが楽しめる電子ピアノを探しているなら、CA401を検討しましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

電子ピアノの購入を検討しているけど、置き場所をどこにしようかと悩まれている方も多いのではないでしょうか。ピアノはサイズも大きくお部屋に合うのかどうか気になりますよね。 実際、何も考えずに電子
続きを読む
電子ピアノは正しい扱い方やメンテナンスを怠れば、早期の故障や性能の低下に繋がりやすくなります。では、正しいメンテナンス方法にはどんなものがあるのでしょうか。本記事では、電子ピアノの寿命を延ば
続きを読む
ピアノに興味を持った際、電子ピアノから始めても良いのか悩むことがあると思います。ピアノ教育界では長らく議論されてきた「電子ピアノでの練習はアリかナシか」について、今回は電子ピアノの魅力、選び
続きを読む